中古ドメインの購入のメリット・デメリット

中古ドメイン購入時に失敗しない為に見るべきポイント

中古ドメイン購入のポイント最近では企業に勤めているだけでは生活が苦しくなる家庭が非常に増えてきました。そのような状況の中でもしっかりと家計を支えていこうという主婦やサラリーマンも徐々に増えてきており、会社から帰ってきたあとにはインターネットに接続して、そのあとにはしっかりと副業する人も多くなってきています。
副業の手段のひとつとして、インターネット通販サイトでショップを運営する人も多く、特に現在のサラリーマンにとっては通販サイトを始めるのには時間も労力もあまりかからずに、会社勤めをしながらも可能になっているので、人気の高い方法のひとつとなっています。
その中でも特に重視している点としては、ネットショップを経営する際にはドメインの取得が非常に大切になってきます。特にドメインを取得することについては非常に大切な要素となっており、知名度をあげてドメインを取得する際には、時間がかかってしまう点と、ユーザーを集めるための労力が必要になってくる点からサラリーマンや専業主婦にとってはとてもハードルが高い作業となります。
そのような状況のなかで、最近ではドメインをある一定期間別の外部業者が取得し、ユーザーを集めたり、様々なSEO対策を実施することで、より多くの検索結果を得られるように工夫する業者やユーザーが増えてきました。このため、たくさんのユーザーが、時間がかかってしまい、なかなか取り組むことができなかった作業を外部に委託し中古ドメインという形で取得することができるようになった点がユーザーにとっては非常に有利な点となります。こうすることで、一般ユーザーが中古ドメインを取得しやすくなり、インターネットサイトを運営したり、ネット通販を運営することが可能になってきています。
現在の日本においては数多くの業者やユーザーが中古ドメインを販売していますが、購入時の注意事項としまして、ドメインがしっかりと運営されているかどうかを事前に調べておく必要があります。万が一広告の通りの運営がされていない場合には、販売主に問い合わせて価格を安くしてもらうこともできますし、逆に購入を見送ることも可能になりますので、十分に検討してから購入を考えることが必要になってきます。ユーザーが購入前にしっかりと判断しておくことと事前に必要な情報を入手しておくことが、これかのインターネット産業に参入していく上でまず始めにしなければならないことになってきます。

中古ドメインを購入するのにどれくらいの資金が必要か

中古ドメイン購入資金のイメージSEOに効果的といわれる中古ドメインですが、大きな指標であったGoogleのページランクが廃止されドメインの価値を探るのが難しくなってきました。ドメインはバックリンクの影響を未だに大きく受けています。どのようなアンカーテキストでリンクが張られているのか、バックリンクサイトには何が掲載されているのか、バックリンクサイトのリンクはどのようになっているかなどなどグーグルが評価していると言われている指標は数多くあり、どの中古ドメインが最も良いかというのはそれぞれの判断に任されそうです。
バックリンク等を調べるツールとしてahrefsが有力でしょう。バックリンクやアンカーテキストなどわかりやすく表記されます。上位検索ワード等の表示もされるので、現在運営しているサイトを調べるのにも一躍かってくれる存在です。
さて、この中古ドメインですが、購入するのなら「中古ドメイン屋さん」等のサイトで購入することになるでしょう。以前はページランクを中心とした価格設定となっていましたが、現在は独自指標を使ってドメインの販売を行っておられます。
バックリンク数やバックリンクのドメイン数、ドメインエイジ等の指標からRR(ラッコランク)という数値で価格が変動しています。例えば金融庁やその他政府関係のところからリンクをもらっている場合は高評価になったり、ランクの高いところからリンクがあると評価されるような仕組みです。
相場としては1ドメイン5,000程度でしょう。もちろんRRの高いドメインであれば1つ50,000円や100,000円程度かかることもありますが、多くのドメインは10,000円以下です。ただどのドメインがGoogleに評価されるかというのはわかりにくいもの。ページランク廃止以降はそれぞれがドメインの強さ・弱さを判断できるようにならないと上位表示は難しいです。
そこで提案できるのがarefsを使って、購入予定のドメインを評価するというもの。RRを参考にしても構いませんが、自分自身で評価基準を持つことは大切なことです。RRが高いもの=上位表示されるというわけではないので注意してください。そう考えると自分自身でリンク数やアンカーテキスト・リンク本数等の調整をするのがおすすめです。
中古ドメインは現在も効果を発揮していますが、完全なものとはいえません。いつ飛ぶかもわからないので、そのリスクとメリットを照らし合わせながら上手に活用するようにしてくださいね。


中古ドメイン関係の記事

  • パンダアップデート後に必要な中古ドメインの目利き力

    パンダアップデートは2011年に行われたグーグルのアップデートで、「低品質なコンテンツが上位表示されにくくするもの」です。例えばファーストビューに広告が大量に載っている・専門性が乏しく内容が薄いものなどが挙げられます。 また外部サイトからのリンクをもらっていない時も低品質なサイトとして評価されるので、最初からリンクをもらっている中古ドメインは魅力のあるサービスです。しかし中古ドメイン=上位表示と

  • 中古ドメインの問題点と駆動設計について

    中古ドメインは良い面も多いのですが、注意しなくてはならないポイントもいくつかあります。特に問題点とされるのが履歴です。中古ドメインの多くがウェブサイトで利用されてきた場合が多いのですが、過去のウェブサイトの情報はほとんどが検索サイトで評価されていると考えるべきです。同じようなサイトを立ち上げるなら格好のドメインとも言えますが、全く違うサイトを作るなら中古ドメインの効能の一つであるサイトの履歴を捨て

  • 中古ドメインエイジは順位表示の影響を受けるの?

    ドメインエイジのイメージ

    新規ドメインと中古ドメインの大きな違いとして、ドメインエイジが挙げられます。ドメインエイジとはサイトがアップされてから、どれくらいの期間が経ったのかという期間の指標です。WayBackMachineというツールを使えば、無料で過去のサイト情報を調べることができます。 中古ドメインのほうが 新規ドメインよりも早く上位表示するといわれていますが、その要因のひとつとしてこのドメインエイジが挙げられ...

  • 中古ドメインの譲渡には安全なルールがある

    中古ドメインの譲渡

    基本的に、中古ドメインを譲渡する際には、安全面を確保するためにいくつかのルールを確認することが大切です。中古ドメインを提供している会社は一社ではありませんので、それぞれの会社によってはさまざまなルールが存在するのですが、その中でも譲渡に関するルールをきちんと把握しておかなくてはいけません。中古ドメインというのは、過去にインターネット上に存在していたドメインのことを意味しますので、普通に取得する独自...

  • naverのリンクで重要な1回払いの中古ドメイン

    naverはまとめサイトとしての価値が高まっているサイトであり、そこからリンクが貼られると一気にPVが上がると期待されています。naverはまとめがしやすいようにTwitter、ブログなどと連携してくれます。そのため、サイト運営においてはnaverでまとめてもらいやすい記事を書くなど対応が急がれています。 サイト運営ではnaverなどにまとめてもらったり、ツイッターでリツイートしてもらうために記

  • 中古ドメイン購入時はペナルティかどうかを要チェック

    ペナルティを告げる男性

    WEBサイトを運営するにあたって、中古ドメインを購入するメリットは非常に多いです。新規ではなく、わざわざ中古のドメインを購入するメリットとして、前の所有者のサイトのページランクを引き継げることが挙げられます。次に被リンクをそのまま受け継げること。特に高ランクサイトからのリンクは信頼性がグッと増すため、アクセス数が稼げます。 そして何より、この2点のメリットによって、Googleアルゴリズムから「...