中古ドメインの購入のメリット・デメリット

中古ドメイン購入時はペナルティかどうかを要チェック

ペナルティを告げる男性WEBサイトを運営するにあたって、中古ドメインを購入するメリットは非常に多いです。新規ではなく、わざわざ中古のドメインを購入するメリットとして、前の所有者のサイトのページランクを引き継げることが挙げられます。次に被リンクをそのまま受け継げること。特に高ランクサイトからのリンクは信頼性がグッと増すため、アクセス数が稼げます。
そして何より、この2点のメリットによって、Googleアルゴリズムから「有用なサイト」と判断された結果、「最初から」高い順位が期待できるという点です。ドメインを新規で取得する際の弱点として、開始後数ヶ月はフィルターがかかり、正当な順位評価を受けることができません。しかし、この初期フィルターも中古ドメインは既に外れているので、そちらも大きなメリットとなります。
しかし、当然良い点ばかりではありません。中古ドメインの最大のデメリットは、前回所有者がそのドメインでペナルティを受けていた場合、その悪評価も引き継いでしまうのです。遺産相続と同じですね。莫大な遺産を引き継げるときもあれば、莫大な借金を受け継いでしまうリスクもあります。その「負の財産」ともいうべきペナルティを受けたドメインの弊害とは、「順位の上昇が絶望的」という点にあります。ほとんどの方が、その「どん底スタート」から抜け出せずに終わってしまいます。万が一、復帰することもできるかもしれませんが、そんなに苦労してアクセスアップを図るのであれば、それなら最初から新規のドメインを取得していた方がよっぽどましです。それほど、過去にペナルティを受けていたかどうか、は重要な確認事項となります。
「中古ドメイン」の「中古」の響きから、何だか安そうなイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、冒頭で述べたメリットから、高ランクであったドメインであればあるほど高額になる傾向があり、20~30万円するものも珍しくありません。そのため、慎重にドメイン選びをする必要があります。
といっても、ドメインを購入する際にすることは非常に簡単。専用のドメインチェッカーサイトにアクセスし、ドメイン(URL)を入力するだけで、使用歴、そしてペナルティを受けていたかどうかがすぐ分かります。気をつけたいのは特にペナルティを受けていなくても、過去にアダルトサイトを運用していた経歴がある場合も、検索上位に浮上しづらくなります。チェックの際はその2点に注意して調べましょう。


中古ドメイン関係の記事

  • 中古ドメインの正規化とエイジについて

    近年のインターネット業界においては非常に大切になってくることのひとつに、より多くのユーザーを集めることができるかにかかってきます。現在の日本においては、たくさんのホームページやブログなどのサイトが乱立するようになってきており、そのなかでもたくさんの人たちがしっかりとした情報を入手することができるようになる色々と調べるようになってきました。これまで知らなかった情報にたいしても、最近ではインターネット

  • 中古ドメインは変更できない場合と貼りが悪い場合

    中古ドメインを活用して新規サイトを盛り上げようと考える場合に注意したいのが変更できないリンクと貼りが弱いコンテンツです。変更できないリンクとはバックリンクのことであり、中古ドメインを利用する目的の1つでもあります。バックリンクはウェブサイトやブログ、SNSなどからのリンクのことであり、他人に貼ってもらうリンクのことです。バックリンクが多いドメインは検索サイトでも高い評価を得やすいと考えられており、

  • パンダアップデート後に必要な中古ドメインの目利き力

    パンダアップデートは2011年に行われたグーグルのアップデートで、「低品質なコンテンツが上位表示されにくくするもの」です。例えばファーストビューに広告が大量に載っている・専門性が乏しく内容が薄いものなどが挙げられます。 また外部サイトからのリンクをもらっていない時も低品質なサイトとして評価されるので、最初からリンクをもらっている中古ドメインは魅力のあるサービスです。しかし中古ドメイン=上位表示と

  • 中古ドメインの問題点と駆動設計について

    中古ドメインは良い面も多いのですが、注意しなくてはならないポイントもいくつかあります。特に問題点とされるのが履歴です。中古ドメインの多くがウェブサイトで利用されてきた場合が多いのですが、過去のウェブサイトの情報はほとんどが検索サイトで評価されていると考えるべきです。同じようなサイトを立ち上げるなら格好のドメインとも言えますが、全く違うサイトを作るなら中古ドメインの効能の一つであるサイトの履歴を捨て

  • 中古ドメインエイジは順位表示の影響を受けるの?

    ドメインエイジのイメージ

    新規ドメインと中古ドメインの大きな違いとして、ドメインエイジが挙げられます。ドメインエイジとはサイトがアップされてから、どれくらいの期間が経ったのかという期間の指標です。WayBackMachineというツールを使えば、無料で過去のサイト情報を調べることができます。 中古ドメインのほうが 新規ドメインよりも早く上位表示するといわれていますが、その要因のひとつとしてこのドメインエイジが挙げられ...

  • 中古ドメインの譲渡には安全なルールがある

    中古ドメインの譲渡

    基本的に、中古ドメインを譲渡する際には、安全面を確保するためにいくつかのルールを確認することが大切です。中古ドメインを提供している会社は一社ではありませんので、それぞれの会社によってはさまざまなルールが存在するのですが、その中でも譲渡に関するルールをきちんと把握しておかなくてはいけません。中古ドメインというのは、過去にインターネット上に存在していたドメインのことを意味しますので、普通に取得する独自...